2016年のJリーグが開幕しました。
今年も白熱の戦いが観れるとワクワクしている方も多いのではないでしょうか、
今回は各誌で予想されている解説者の予想順位を紹介します。

 

 

■目次 
1.解説者の順位予想
2.セルジオ越後さんの順位予想
3.順位予想のまとめ

 

 

 Jリーグ順位予想

10446664_904469946278055_7907744326319600513_n

出典:facebook.com

福田 正博

1位 G大阪
2位 浦和
3位 広島
4位 鹿島
5位 FC東京

三浦 淳宏

1位 G大阪
2位 川崎
3位 浦和
4位 広島
5位 FC東京

福西 崇史

1位 G大阪
2位 浦和
3位 FC東京
4位 川崎
5位 広島

中田 浩二

1位 鹿島
2位 G大阪
3位 浦和
4位 広島
5位 川崎

金田 喜稔


1位 広島

2位 G大阪
3位 浦和
4位 鹿島
5位 川崎

岩本 輝雄


1位 広島

2位 鹿島
3位 浦和
4位 G大阪
5位 FC東京

玉乃 淳


1位 広島

2位 G大阪
3位 浦和
4位 鹿島
5位 川崎

清水 秀彦


1位 浦和

2位 G大阪
3位 鹿島
4位 広島
5位 FC東京

早野 宏史

1位 G大阪
2位 広島
3位 浦和
4位 鹿島
5位 鳥栖

山口 素弘

1位 G大阪
2位 広島
3位 浦和
4位 川崎
5位 鹿島

秋田 豊

1位 鹿島
2位 G大阪
3位 広島
4位 浦和
5位 FC東京

平野 孝

1位 浦和
2位 広島
3位 G大阪
4位 川崎
5位 FC東京

後藤 健生

1位 G大阪
2位 浦和
3位 広島
4位 FC東京
5位 鹿島

小村 徳男

1位 G大阪
2位 浦和
3位 広島
4位 FC東京
5位 鹿島

鈴木 隆行

1位 浦和
2位 G大阪
3位 広島
4位 鹿島
5位 川崎F

前園 真聖

1位 G大阪
2位 浦和
3位 鹿島
4位 川崎
5位 広島

 

セルジオ越後さんの順位予想

 

 

辛口解説者として有名なセルジオ越後さん。
セルジオさんが予想した順位が気になるところですね。

Sergio_20101122_018

出典:soccer-king.jp

年も広島G大阪浦和の3チームが、優勝争いの中心になると思う。最大のポイントは、新戦力の働き。広島はドウグラスの抜けた穴をピーター・ウタカが埋められるか。G大阪は期待のアデミウソンが機能するか。そして浦和は、遠藤航やイリッチらが額面どおりの活躍をするか。戦力的に考えれば、この“ビッグ3”が抜けている。

 それ以外のクラブに関しては、いまひとつパッとしないというのが実情だ。柏や横浜、名古屋あたりは、昨季に比べて戦力ダウンの印象が否めない。鹿島は永木亮太が加入し、金崎夢生が戻ったとはいえ、戦力は微増した程度。柴崎岳の離脱もあり、序盤戦で躓かないか不安は尽きない。

 川崎も優勝候補に違いないが、今も輝きを放つのは、大久保嘉人であり、中村憲剛だ。タイトル獲得には、彼ら以上に存在感を放つ選手の台頭が不可欠だろう。城福浩監督が率いるFC東京は、上位に食い込むはずだが、優勝を狙うチーム作りには思えないというのが偽らざる印象だ。

優勝の最有力候補はG大阪。立派な新スタジアムに相応しいチームになってほしい、という想いがある。今のところ、市立吹田サッカースタジアムは“スカイツリー”のような観光名所として興味を引いている。「新スタジアムを一目見たい」と多くの観客が足を運びそうだが、「サッカーを一目見たい」というチームにぜひなってほしい。

 新スタジアムに刺激を受けて、それに見合った結果を残し、さらにチームの魅力が高まる。そんな好循環が生まれる期待を込めて、僕はG大阪を推したい

出典:soccerdigestweb.com

 

順位予想のまとめ

G大阪 9票
浦和 3票
広島 3票
鹿島 2票

 

順位予想では解説者8名がG大阪の優勝を予想。
今年から新スタジアムでプレイ出来るということで、選手もモチベーションが高くなっています。
また放出選手が少なく、横浜FMからアデミウソン選手と藤本淳吾選手を獲得。
過密日程を考慮して選手層を厚く出来たことを考えれば優勝候補は妥当でしょうか。

次に浦和広島が3票。
浦和レッズもガンバ同様にピンポイントで補強を成功。
湘南ベルマーレから遠藤 航選手、スロベニア代表から長身DFのイリッチ選手を獲得。
去年不足していた部分を補えたので、上手くフィットすれば優勝は十分狙えると思います。

広島はゼロック杯でガンバ大阪に勝利。
去年の優勝の実力をそのままに、今年も連携が取れたパスワークは健在!
気になるところは、去年チーム得点王のドウグラス選手を失って、代わりに加入したウタカ選手の活躍が鍵になるところ。
ドウグラス選手と同じぐらいの活躍すると今年も広島が優勝する可能性は高いです。

最後に2票の鹿島
他の3チームと違い、ACLに出場しない分試合数には余裕があります。
金崎選手の残留は大きく、また永木選手の加入したことで優勝争いに食い込んでくるとは思います。
あとはFWの次第ではないでしょうか。
他のチームと比べると迫力不足は否めない。
優勝をするためには、FWの活躍が鍵になると思います。

佐藤寿人選手や大久保選手のJリーグの総得点の記録更新など、今年も見所が満載のJリーグ!
皆さんも是非スタジアムに足を運んで、日本のサッカーを堪能してみてください。

 

Jリーグ2代目マネージャー佐藤美希さん
Jリーグ2016年得点王を大予想!!!