日本人初優勝!男前サーファー五十嵐カノアってどんな人?

2019 WSL MENS チャンピオンシップツアーの第3戦「Corona Bali Protected」で五十嵐カノア選手(木下グループ)が日本人初、そしてアジア人として初優勝の偉業を達成しました。

東京五輪より追加種目になったサーフィンだけあって、優勝はかなり嬉しいニュースでしたね。

五十嵐カノア選手の過去成績や、今回のチャンオンシップでの表彰コメントを紹介させていただきます。

五十嵐カノアのプロフィール

出典:五十嵐カノア_twitter

名前:五十嵐 カノア (いがらし かのあ)
生年月日:1997年10月01日(歳)
出身地:アメリカ・カリフォルニア
身長:180cm
体重:80kg
プロサーファー日本人の両親の元、3歳の頃に自身もサーフィンを始める。

過去成績!

出典:朝日新聞

2009年 NSSA年間最多優勝回数 30勝達成
2010年 NSSA全米ナショナルチャンピオン
2012年 USA Championship U-18  最年少優勝
2016年 WCT Billabong Pipe Masters 準優勝
2017年 WSL Vans US Open of Surfing 優勝
2018年 WSL Qualifying Series 3000 – Pro Santa Cruz 2018 優勝

Corona Bali Protected!

2019年5月25日に開催されたWSL MENS チャンピオンシップツアーの第3戦「Corona Bali Protected」で五十嵐カノア選手が見事優勝!

アジア人で初の快挙です!

男前で実力もあるので、これからもっと人気出るのではないでしょうか。

〜順位〜
1位 :五十嵐カノア(JPN)
2位 :ジェレミー・フローレス(FRA)
3位 :マイケル・ロドリゲス(BRA)、ケリー・スレーター(USA)
5位:ウェイド・カーマイケル(AUS)、コロへ・アンディーノ(USA)、フィリッペ・トレド(BRA)、エイドリアン・バッカン(AUS)

試合動画

表彰式でのコメント

表彰式での五十嵐選手のコメントです。

「日本人のファンの皆さん本当にありがとうございます!ここバリまで日本の旗を持ってきてもらってありがとうございます。これから日本のネクストジェネレーションもみんな頑張ってもらって、日本人のCT選手が増えるように一緒に頑張りましょう!」

まとめ

出典:madamefigaro

今回の優勝で年間ランキングが2位に。(現時点)

2019年で年間10位以内に入ると東京五輪代表に選出されるので、今回の優勝は大きく前進したといるのではないでしょうか。

日本のサーフィン界でも大きな快挙です!

これからサーフィン熱が今まで以上に増すのではないでしょうか。

来年の五輪に向けて、五十嵐選手だけではなく、日本人の今後の活躍に期待です!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください