3/21(月)に放送のNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」に作曲家の佐藤直紀さんが出演。
数多くの劇伴やサントラを作り続け、ヒットを生み出してきた佐藤直紀ですが、「自分は芸術家じゃない」と言い切り、あがく日々があったと言います。そんな苦悩時代についても番組で語ってくれてます。
また大友啓史監督の話題の新作や、NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」に挑む姿を番組では紹介!
そんな佐藤直紀さんにピックアップしました。

 

vol249_top

出展:webmagazine.gentosha.co.jp

■目次 
1.佐藤 直紀のプロフィール
2.『プロフェッショナル仕事の流儀』はどんな番組?
3.「竜馬伝」「三丁目の夕日」などの劇伴を紹介!
4.NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」が話題!
5.まとめ

 佐藤 直紀のプロフィール

201603-seireinomoribito-photo2

出展:cinra.net/interview

名前:佐藤 直紀 (さとう なおき)
生年月日:1970年05月02日
出身:千葉県
作曲家、編曲家

 

中学生の時、師事していたピアノ教師の影響で作曲に関心を持つ。高校から和声や対位法などの音楽理論を学び始め、音大への進学を目指すようになる。師事していた先生からの助言もあり、東京音楽大学作曲科の映画・放送音楽コースに進学。大学在学中に様々なジャンルの音楽を学んだ。
活動は、クラシックからロックまで幅広く主に映画音楽、ドラマ、アニメーション、ミュージカルなどの音楽や主題歌・挿入歌の作曲や編曲を手がける。
第29回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を『ALWAYS 三丁目の夕日』で受賞した。
サウンド面では、『GOOD LUCK!!』や『龍馬伝』のようにシンセサウンドを全面に出しつつオーケストラなど他の楽器の音を装飾音として加えるというパターンのものも少なくないが、『カーネーション』のように電子楽器を使用しない楽曲も手掛けている。
佐藤は映像音楽について映像に合っているものや感情移入しやすいものであることを第一に優先すべきと考えており、作曲においては自身の音楽性を主張するよりも監督やプロデューサーの意向に添うものを提供することを重視している。
既婚者で息子がいる。

 

「あがき続けろ それがメロディになる」

main

出典:nhk.or.jp/professional

3/21(月)に放送されるNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」に佐藤直紀さんが出演します。
映画やドラマなどの話題作を次々手がける、作曲家・佐藤直紀さん。これまで作った曲は3千以上。
今回は佐藤さんの壮大な音楽がどのように生まれるのか?長期密着しています。
現在放送中のNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」を手がける様子など、知られざる創作の秘密に迫っています。

 

 

『プロフェッショナル仕事の流儀』はどんな番組?

logo_prof

様々な分野で第一線で活躍している一流のプロ仕事を紹介するドキュメンタリー番組です。
自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている方をピックアップしており、数々の多方面で活躍している方が
番組に出演しました。また多くの名言なども残しています。

 

「今」は「過去」より、もっと熱い。
仕事の流儀には、その人の生き方が表れる。

 

「竜馬伝」「三丁目の夕日」などの劇伴を紹介!

佐藤さんが作ったサントラや劇伴は数知れず。
映画では「竜馬伝」、「海猿」、「暗殺教室〜卒業編〜」やドラマでは「GOOD LUCK!」「オレンジデイズ」、「WATER BOYS」など多くの映画、ドラマ、CMなどの作曲をしてきています。一部ですが曲を紹介したいと思います。

竜馬伝

海猿

 

三丁目の夕日

るろうに剣心

 

    

NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」が話題!

NHKが放送90年を記念して製作した大河ファンタジー「精霊の守り人」。
全4話になって放送されています。
もちろん劇伴は佐藤直紀さんです。
主人公の綾瀬はるかさんが演じるバルサのアクションシーンと佐藤さんが手がける曲がすごくマッチしており、
迫力のある映像が見れます。

 

  まとめ

今まで佐藤直紀さんのことは知らなかったのですが、作っている曲を聴いてみると映画やドラマのオープニングテーマ曲や大事な場面で流れていて印象に残っている曲が多かったです。
映画やテレビを見る方は、1度は耳にした曲があるかもしれません。
そんな佐藤さんの曲作りに「プロフェッショナル仕事の流儀」では密着しています。
興味がる方は是非ご覧になってください。