James Bay(ジェームズ・ベイ)さんが夏の大型ライブフェス「SUMMER SONIC2016」に出演が決定。
イギリスの音楽の祭典『Brit Awards 2016 』で最優秀男性ソロアーティスト賞を受賞したイギリスの新人アーティスト。
美しい歌声だけではなく、綺麗な顔立ちでイケメンで女性ファンも多いです。
そんなサマソニの出演が決まっているジェームズさんを紹介したいと思います。

001

出展:barks.jp

■目次 
1.JAMES BAY(ジェームズ・ベイ)のプロフィール
2.James Bayの人気曲を紹介!
3.デビューアルバム『カオス&ザ・カーム』
4. テイラースウィフトも絶賛!
5..まとめ

  JAMES BAY(ジェームズ・ベイ)のプロフィール

 

001

出展:barks.jp

名前:James Bay (ジェームス・ベイ)
生年月日:1990年09月04日
国:イギリス
 

24歳、イギリス出身のシンガーソングライター。
ギターに熱中し始めたのは11歳頃。16歳の頃には、バンドではなくソロ・アーティストとして、自作曲をパブで歌い始めた。「僕の歌で酔っ払いを黙らせることができるかどうか試したかった」そんな思いもあった。 画家としての才能も発揮していたベイは、長い間、美術を学びたいという思いも持っていたが、最終的には美術ではなく音楽の道を選んだ。その後、ロンドンでのライヴの動画がネットに公開されたのをきっかけに、米リパブリック・レコードと契約。数々のメディアが、“見るべきアーティスト”にこぞって上げ、ブリット・アワードで批評家賞を受賞するなど大注目の中、キングス・オブ・レオンの長年の共編者かつトム・ウェイツのエンジニアだったジャクワイア・キングをプロデューサーに迎えたデビュー・アルバム『カオス&ザ・カーム』を発売して、全英チャート初登場1位を獲得した。

  

  James Bayの人気曲を紹介!

ジェームズさんの人気曲を紹介したいと思います。

Hold Back The River

 Let It Go

 「Best Fake Smile」

 「Scars

 「Craving

   デビューアルバム『カオス&ザ・カーム』

 

UICU-1272_wzg_extralarge.jpg

出典:universal-music.co.jp/james-bay

 

 1. Craving
  2. Hold back the river
  3. Let It Go
  4. If You Ever want to be in love
  5. Best Fake Smile
  6. When we were on Fire
  7. Move Together
  8. Scars
  9. Collide
  10. Get Out while you can
  11. Need The Sun to break
  12. Incomplete
 

 テイラースウィフトも絶賛!

1e7a761462b6f5eb8f24f8a0eaab0f41

出典:mtvjapan.com/news/music

テイラースウィフトさんもジェームズさんの歌声に絶賛!!!

ジェームス・ベイさんが歌手ホージア(Hozier)さんの前座に出演した時、
廊下で壁に寄りかかっていたジェームスさんの前をテイラーさんが一旦通り過ぎるも、
立ち止まって「もしかしてあなたは、ジェイムス・ベイ?」と声をかけたらしいです。
ジェームスさんは「ああ」と返事すると、テイラーさんは
「あなたの音楽が大好きなの。特に『Let It Go』は大好きな曲の一つ。』と歌詞の思いを熱弁したらしいです。
そこからテイラーさんのヨーロッパ公演のオープニングを依頼するほど、ジェームスさんの歌声の虜になったみたいですね。

 

  まとめ

norton0801c

出典:standard.co.uk/showbiz

160310d-654x654

 出典:summersonic.com

 

夏のビックフェス『Summer Sonic』。
毎年、世界中で有名なアーティストが来日して話題になっていますが、
今年もRADIO HEADやUnderworldなど大物アーティストが来日します。
既に来日公演しているジェームズさんですが、ライブに行けなかった人も是非サマソニで
James Bay(ジェームズ・ベイさん)の歌声に酔いしれてみてはいかがでしょうか!!

サマソニ2016出演者サカナクション

記事世界で活躍する日本のバンド!ベビメタ、ワンオク、マンウィズを紹介!!